リンパマッサージの資格が欲しい【簡単に手続きできる】

男女

癒しを学ぶ

鍼灸マッサージの専門学校には様々な動機で入学してくる学生がいます。年齢層も広く、色々な人生経験に触れることができます。さらに鍼灸マッサージに必要な解剖学、生理学の他に、古代中国の東洋医学を学ぶことができます。西洋医学と違った切り口で人の体を見つめた学問を鍼灸マッサージでは同時に触れることができます。

男性

学ぶ方法を迷う方に

整体師になるには様々な方法がありますが、大半は通信講座と養成学校を選択しています。整体師は身体に触れて施術する仕事を行う者です。医学的な知識や施術技術を学んできた方でないと、お客の信頼は得られません。しっかり学んできた証を取得する為、上記の2つが信頼度の高い選択肢と言えます。

ウーマン

医師をサポートする事務職

医師事務作業補助は診断書の作成や電子カルテの入力など、医師の行う事務作業を補佐する職種です。医師を診療業務に専念させるため、導入する医療機関が増えています。業務に従事するには医学関連の知識が必要となりますが、未経験者は各種スクールで学ぶことができます。

男性

注目されているマッサージ

このようにリンパマッサージの資格を取る際には、個人でセルフケアも兼ねて、受講する人いれば、個人開業を目指して、受講する人もいるので、それぞれ目的別でコースをきちんと把握して受講することが重要になります。

針

東洋医術を使った治療

鍼灸マッサージ師になるには、複数の国家資格を取得する必要があり、3年以上の学校で基礎科目や専門科目、それに実技実習を学び、試験に合格しなければいけません。合格率は80%近くありますが、国家資格のためしっかりとした対策が必要です。

医療従事者の資格

施術

リンパ浮腫のケアに

リンパマッサージは、溜まった老廃物を流して体のリンパの流れを改善するマッサージのことです。リンパに老廃物が溜まるとリンパの流れが悪くなり、リンパが詰まって体がむくんでしまいます。リンパマッサージをすることによって、むくみが改善されたりダイエット効果、アンチエイジング効果も得られます。医療現場においても、リンパマッサージが有効となることがあります。がんなどの手術後などに起こるリンパ浮腫をリンパマッサージによって改善することがあるのです。リンパドレナージと呼ばれています。リンパ浮腫に悩む患者のケアのために正しい知識と技術を持っていることが証明できる、リンパ浮腫専門の民間資格も存在します。医療従事者限定の資格です。がんや婦人科を患ってリンパ浮腫に悩む人が増えていることから、対応ができる医師が求められています。リンパ浮腫専門医療従事者を目指すには、医師や看護師、理学療法士、作業療法士のいずれかの国家資格を持っていることが条件となります。そして座学研修と実技研修を受講し認定試験に合格することで資格を取得することができます。また、医療リンパドレナージセラピストという民間資格もあります。同じように、医師の診断と指示のもと、患者や家族への生活指導やリンパマッサージ、スキンケア、圧迫療法など個別の症状に合わせて実施することができる資格です。今後も予防医学や健康、美容維持のために需要が高まると考えられています。

Copyright© 2018 リンパマッサージの資格が欲しい【簡単に手続きできる】 All Rights Reserved.