不動産投資専用のサービス【マンションの空室対策は任せて安心】

不動産

空室の対策は

不動産

不動産投資でアパートやマンションを持つ場合に空室になったらぢどうするかというリスクの問題があります。こういう事態に陥った場合には毎月の安定した家賃収入が入らなくなり死活問題となります。そして空室対策としてどういう方法を取るかについては最初選択する時点で注意することが多いものです。ある年数が経つと機能性や設備、及び建材関係も劣化して来ます。そのような場合にはリフォームを行うことも必要ですし、修繕の資金を用意しておくことも大切です。空室対策として募集の時に敷金・礼金や仲介手数料を安くして入居者を確保するという方法もとられています。又、その時に備えて家賃保証付きの保険に入っておく方法もあります。不動産投資ではメリットとデメリットをよく知った上で対処することが大切です。

不動産投資の賃貸物件で空室になるという場合には色々な原因が考えられます。1つには日本が2005年以降人口減少に転じて、貸したい人の割合に比べて借りたい人の数が減って来ているという現状が考えられます。つまり受給バランスが崩れている状況にあります。それにも拘わらず賃貸物件を建て続けているものです。このようになっている原因には節税対策として相続税の基礎控除額が4割方引き下げられたことが挙げられます。これにより相続課税の対象者が従来の1.5倍から2倍に増えると見られています。都会部分も地方も同じ傾向があり節税対策として賃貸物件の建設が止まりません。空室対策が求められ、それには立地条件では利便性を優先し、間取りや設備に重点を置くことが大切です。空室対策では家賃の相場から外れず、サービスの良い管理会社が望まれます。そして情報は常に開示して集客力を高めて置くことが重要となります。

事前に把握しておく

不動産

賃貸経営をする際、まずは家賃相場を知っておくことが大切です。相場を知らずに家賃を決めた場合、周囲の物件よりも高くなってしまえば利用者がいなくなってしまうので気をつける必要があるでしょう。

この記事を読む

マンションの空室対策

不動産

家賃保証は、空室が出た時にその空室分の家賃を保証してくれる制度です。ただ、この家賃保証は年数が経過すると保証額が減少してきますので、空室を出さないよう工夫が必要です。また、修繕工事についても保証会社のほうで行ってくれますが、割高になることがありますので、あらかじめしっかりと計算する必要があります。

この記事を読む

賃貸物件への入居

不動産

入居したいと思える内容で情報を展開させることが賃貸経営では重要視したい点となるため、一人でも多くの方が入居できるサポートをはじめ、問題解決をしっかり行える対応など、経営には様々な事柄を網羅する必要があります。

この記事を読む