リンパマッサージの資格が欲しい【簡単に手続きできる】

医師をサポートする事務職

ウーマン

医療現場での需要が拡大中

病院やクリニックにおける事務職といえば、医療事務という職種がおなじみです。一方、最近ではこれに加えて、医師事務作業補助という仕事が知られるようになってきています。この両者の違いは、医療事務が受付・会計・秘書など医療機関の運営に係る事務全般を担当するのに対し、医師事務作業補助は医師個人が行う事務作業を補佐したり、一部を代行したりするという点にあります。具体的には、診断書や紹介状の作成、電子カルテの入力、行政庁に報告するためのデータの整理などが主たる業務となります。医師の負担軽減という観点から、医師事務作業補助の需要は高まってきています。医師事務作業補助に特別な資格は必要なく、基本的には誰でも従事することができます。ただ、医学や医療制度全般に関する知識が必要なため、関連法規や専門用語等についてあらかじめ学習しておくと、未経験者であっても求人に応募する際に即戦力をアピールすることができます。医師事務作業補助になるための学習機会は、全国の専門学校や資格スクールなどに設けられています。カリキュラムは講座ごとに異なり、短いところでは3か月程度、専門学校であれば2年間みっちりと学ぶことになります。これらの講座の中には、修了後の認定試験に合格することによって、独自の資格を得ることができるところもあります。就職するのに資格は不要と先述しましたが、医師事務作業補助関連の資格を取得しておけば、専門知識の持ち主であることの具体的な証明となります。

Copyright© 2018 リンパマッサージの資格が欲しい【簡単に手続きできる】 All Rights Reserved.