リンパマッサージの資格が欲しい【簡単に手続きできる】

癒しを学ぶ

男女

専門学校で得られること

数ある国家資格の中でも、鍼灸マッサージは生徒数が絶えず人気の資格のひとつです。鍼灸マッサージ師の資格を取得するためには、「厚生労働省認可の養成施設、または文部科学省認可の学校」で3年以上履修した上で国家試験を受験し、合格する必要があります。テストは鍼、灸、あんまマッサージ指圧の3つの試験を受けなければなりません。大変な思いをしてまで資格を取ろうとする人が多いのは何故なのでしょうか。まずは様々な人生経験に触れられることです。鍼灸マッサージの専門学校は年齢層が広く、高校や大学を卒業してからすぐに入学する人、社会人を経験してから手に職をつけようと入学をする人など様々です。入学の動機も人それぞれで、実家に鍼灸マッサージ師をしている人がいる、部活時代鍼灸マッサージ師にお世話になっていたなど、クラスメートで語り合っても飽きないほど話題に事欠きません。これまでしていた仕事がうまくいかず、専門職に移ろうと思った、などと世知辛い理由もあったりします。入学の時点ですでに柔道整復師の資格取得者や、治療家向けのセミナーの手伝いをしている人もいるため、様々な経験を経た学生が集まっています。次に深い知識を得られることです。専門学校ですから当然勉強が本分です。自分が鍼灸やマッサージの治療を受けることと違い、治療をする側となればたくさんの専門知識が必要となります。鍼灸は主に古代中国より伝わる東洋医学をベースとした治療方法です。人間と自然の在り方を見つめ、治療へと落とし込んだ独特の医学を用います。解剖学や生理学など人体のしくみを事細かに理解した上で病気をみつめる西洋医学と異なり、東洋医学は自然などの概念や気などのイメージが大切となります。もちろん解剖学も生理学も鍼灸マッサージの資格に必要です。全く毛色の異なる医学を一度に学ぶことができるのは、鍼灸マッサージ学校の強みと言えるでしょう。

Copyright© 2018 リンパマッサージの資格が欲しい【簡単に手続きできる】 All Rights Reserved.