リンパマッサージの資格が欲しい【簡単に手続きできる】

東洋医術を使った治療

針

複数の国家資格が必要

鍼灸は、国家資格を有する施術者が東洋医学の知識や技術を使って、主に手技により体のバランスを整えて体調を回復する治療法です。マッサージを受けた人は多いですが、鍼灸と同じように本来国家資格をもった人によって施術が行われています。鍼灸だけで治療をすることは少なくマッサージも合わせて治療をすることが多いことから鍼灸マッサージを行う治療院が多くなっていて、治療をする人を鍼灸マッサージ師と呼ぶことが多くなっています。鍼灸マッサージ師になるには、国家資格を取得する必要があるので、学校に通い、試験に合格しなければいけません。専門学校では一般的に3年制で通学することが多く、仕事をしている人のように昼間に学校に通えない人のために夜間コースを開催している専門学校もあります。専門学校で学ぶ内容は栄養学や古典などの基礎分野と解剖学やリハビリテーション学の専門分野に分かれます。鍼灸マッサージ師は手技を使っての治療になるため、知識の習得以上に実践的なカリキュラムも多くなっています。3年生になるとほとんどが2年間で学んだことを応用しての実技講習や試験対策が主になります。国家試験については年に1回、全国の11か所で開催されます。国家資格はあん摩マッサージ、はり、きゅうに分かれているので、通常は続けた2日間で開催されています。合格率はそれぞれ約80%近くあり、合格率は高くなってはいますが、国家資格のためしっかりとした対策は必要です。

Copyright© 2018 リンパマッサージの資格が欲しい【簡単に手続きできる】 All Rights Reserved.